STUDIO MARSHAL

MARSHAL QUALITY

マーシャルは1972年頃、トラディショナルカービングが当たり前だった時代のクラフトマンです。
トラディショナルとは自由な線でデザインを描き、フィギュアもカリキュラムに入っていてセンスあるクラフトマンは何でも彫りました。
その技法は今も何でも彫れるという感性を培いました。
レパートリーも多岐に渡る私のクオリティをご覧下さい。


TRADITIONAL

唐草模様のみならずバラ等の植物もオリジナルフィーリングでカービングします。



FIGURE CARVING

風景・動物・人間…あらゆる自然をカービングするという技法です。
鋭い感性とセンスがないと完成しません。



FONT CARVING

オリジナルロゴの持つ個性と線を忠実にカービングします。
不可能なフォントも沢山ありますが、技術の限り彫り上げます。



RHINESTONE

派手好みのマーシャルは1975年頃には光り物を埋め込む考案をしました。
プリズムフィルムから直ぐラインストーンに切り替え今に至ります。
マーシャル製品では標準で埋め込みます。