STUDIO MARSHAL

FONT CARVING

オリジナルロゴの持つ個性と線を忠実にカービングします。
再現が困難なフォントも沢山ありますが、技術の限り彫り上げます。



ベルト ヒッキー

注文主と打ち合わせで決めたフォントです。
バラのデザインとあわせたフォントでトラディショナルそのものになっています。



カメラストラップ 水野克比古氏

カメラストラップに依頼主のサインをカービングしたものです。
筆書きされるサインをそのままカービングしました。
フォントの線は完全忠実に表現しています。
刻印では限界があるので一部違う道具を流用して忠実に彫り上げています。



ギターストラップ カルロス・サンタナ

カルロス・サンタナのために彼の商標ロゴネームデザインをそのままカービングしました。
フォントも線が命です。
刻印の使い方も完成度に関わります。



ギターストラップ

イルカと海を表現した中にフォントをカービングしました。
フォントの丸味はバックベベラ技法で彫るので綺麗に立体になっています。